石の図鑑

ガーネット

更新日:

宝石名 ガーネット
英名 Garnet
和名 柘榴石
硬度 7.5
比重 3.95~4.25
結晶系 等軸
化学組成 Fe2+3Al2(SiO4)3
主な産地 インド、ブラジル、スリランカ

 

ガーネットの原石。

1月の誕生石。

 

ガーネットの雑学

ガーネットの歴史は非常に古く、5千年前から宝石として扱われていたと言われます。

あの有名なノアの方舟の中で、ノアがざくろ石を使用しているという話があります。船の内側と外側の両方で灯りを提供するためにガーネットを提灯に置いたと言われています。

 

ガーネットは意外と身近に使われています。

紙やすりのザラザラです。

宝石にならない品質のガーネットは、研磨剤として紙やすりやサンドブラストに使用されています。

 

 

日本人の名前がついているガーネット

柘榴石は様々な種類があり、森本柘榴石、桃井柘榴石、加藤柘榴石なんて日本人の名前がついた柘榴石があります。

 

桃井柘榴石が発見されたのは2010年と比較的最近です。

 

こちらが桃井柘榴石

引用:http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/mdcl/lab/denken/wordpress/?page_id=264

 

緑色の濃いところに桃井柘榴石が含まれているそうだが、緑色の殆どはゴールドマン石榴石もしくはマンバン石榴石だそうです。見分けがつかない・・・

 

日本のガーネット産地

茨城県山の尾

長野県和田峠

奈良県二上山

あたりで採れるそうです。

 

 

 

-石の図鑑

Copyright© 木石 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.